中国の環境規制が始まりそれから現場では何が起こっているかですが、
まず廃却機械など買う業者がほぼいなくなっております。
プラスチックを買ってくれる業者がいなくなっております。
廃プラの最終処分場は荷が増えて搬入規制が始まっております。
また新規の受入もどこも厳しくなっております。
処分場の確保が必須と思われます。
今お付き合いある会社さんは大事にされるのが賢明かと。

売れたものが売れなくなる、
処分費が何倍にもなる、
頼んでいたところが倒産する、引き取ってくれない
産廃リスクは日々高まっているかもしれませんね。
来年は中国の方が日本に工場を建ててリサイクルするのが
加速するかもしれません。