年内に有価物とされていたPP・PE・PETボトルなどが中国に輸出できなくなりそうです。
中国の環境対策が強化され他国の原料よりも中国国内の再生率を上げるため
の処置のようです。北京でもマスクをしていないと喉が痛くなるらしいですね。
主に品質の悪い欧米の固体廃棄物の受け入れをストップする動きです。

製造工程ロス品は2018年以降も輸出可能のようですが、
かなりきれいなものが対象だと思います。

これに伴い、今まで有価物で引き取ってもらっていたPP・PE・PETなどが
廃棄物になる可能性が出始めております。

廃棄物としての処分も含め、早めに検討されたほうが良さそうですね。

日本国内のプラスチック再生業者は数も少なくなり今まで中国に行っていた分の
プラスチックの量をさばけるとは考えにくいと思います。

廃棄を検討される場合は廃プラスチック処分許可業者に委託しないと
行けませんので注意が必要です。

年内にプラスチックの輸出がストップするかしないか状況が読めないです。

プラスチックの売値も暴落しております。

また未選別品の古紙も受け入れ停止もありそうです。

弊社では廃プラスチックを破砕し主に川崎に運搬→可燃燃料で発電として使用されています。