最近鉄が暴落し始めております。中国で安価なビレット(鉄の原料・鉄の棒状のようなもの)が世界中に出荷されているのが主な価格暴落の原因。そこでスクラップなど手間がかかる鉄屑が価格暴落。また海外に輸出する港が遠い県などはすでに逆有償の方針が決まっているところも出始めています。
簡単に言いますと「鉄の原材料」が安くなり手間がかかるスクラップ自体の需要が減ったということでしょうか。鉄スクラップの売買そのものが変わってしまう為、短期的な暴落ではなく今後は全く違う流れになって行くのではないでしょうか。逆有償になれば「有価物」が「廃棄物」として取り扱う用になるので、その時は注意が必要です。DSCF1930